ブログ

切替し剪定

剪定で大きい絡み枝を落とした枝垂梅

絡み枝を落としたのちに枝を切替して樹形を整えます。

切詰前

 

↑この状態から

切詰後

↑この状態になりました。

切替しながらも細かい絡み枝も外していきます。

中(ふところ)からでたやわらかい素直な枝をのこして太い硬い枝を外してゆきます。

光が幹に当たるように枝を透かすことでふところからやわらかい枝が出て次回切り返すための枝が出ます。

限られたスペースに植えられた庭木はこのサイクルを繰り返し柔らかな樹形に仕上げてゆきます。

モミジや、ヤマボウシ、エゴノキ、コナラなどの雑木類は切替しを行うと樹形が硬くなるため、幹から出た幹ぶき枝に更新させながらやわらかい樹形を維持します。

最後に短く切り残された幹ぶきを整理して完了です。

幹ぶきは整理

幹ぶきを整理

根元で切替した方がキレイですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

おすすめ記事

  1. 三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。
ページ上部へ戻る