樹のあるくらし

  1. 中央水道跡公園〜生垣作りワークショップ〜

    市民が自らの手で作り上げ、維持する公園中央水道跡公園生垣を追加しました。舗装されていた部分の舗装をはがし、土を入れ替える作業もみんなで行いました。支柱を立て、堆肥、肥料を鋤き込み、竹を取り付け、アラカシを植えます。

  2. ツリークライミング体験会

    ツリークライミング体験会大反響で無事終了することが出来ました。ギヤを装着し、記念撮影。その後、登り方のレクチャーを受けてcliming up思い思いの時間を樹上で過ごしました。

  3. 富士のゆうすい

    みしまの街並みにを表現した紫陽花。三島のオリジナル紫陽花の名前を公募いたしました。 市内外から100通以上の投票をいただき名前が決まりました。

  4. みしまオリジナル紫陽花

    一気にあたたかくなり、富士山の雪化粧も薄れてゆく季節になりました。富士山の雪が溶けると、雪解けの水が地下を通り、三島の街中に湧き出てきます。豊富な湧水が、三島の街を彩るこの季節。三島のあちらこちらでは、紫陽花の花が開き始めます。雨と、湧水と紫陽花。

  5. 柚子のらくがん

    我が家の庭にある柚子の木が今年もたくさんの実をつけました。去年に引き続き、使い切れない柚子の実をwagashi asobiさんが落雁に加工してくれました。定番のハーブの落雁で、柚子の落雁があるのですが、柚子の香り3倍増しくらいの勢いで仕立ててくれました。

  6. 黄葉の紅葉

    弊社近くで毎年剪定をさせていただいているおたくには秋に黄色く色づくモミジが植えてあります。もともと、落葉樹の紅葉は、光合成をおこなう葉緑素が分解され、緑色の色素が抜けることによって、黄色い色が出てきているのだそうです。

  7. 秋のにおい

    朝晩涼しくなりました。今日立ち寄ったお客様のお宅のニシキギ多少葉が色づき始めました。そして、今春植えた白滝公園のイロハモミジも秋になっても湧き出し続ける湧水と共に色づき始めました。

  8. カクレミノの手入れ

    三島の竹垣のある家。庭に植えられた植木が育っています。庭入口の四ツ目垣の後ろに植えたカクレミノ。3裂片しているの葉が丸葉に交じって生えるのが特徴です。枝はやわらかく、成長も遅い方なので、日陰に植える常緑樹として私は好んで使います。

  9. ヒメシャラの皮が剥けた

    1年半ほど前に植えたヒメシャラの葉が茶色くなり皮も剥けているので見てほしいと依頼がありました。たしかに葉が茶色くなり枯葉になっている葉も確認できます。これは今年の7月後半から8月前半の暑さのせいですね。

  10. 山法師の実

    自宅のヤマボウシの実が色づきました。 春に満開の花を咲かせたのでその数だけ実を付けます 木から落ちるくらいに熟した実は甘く食べることが出来ます。食後のデザートにしました。

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. 2015.7.30

    富士山の見える平屋の家~コナラの植栽~

    三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。

おすすめ記事

  1. 三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。
ページ上部へ戻る