樹のあるくらし

  1. 酵母菌で根の活性化

    植物の根に活力を与えることで樹木本来の持つ生命力を高め植木自体を活性化させる。 酵母菌を庭木に与え生育環境を改善できないかなと肥料関係を扱う親戚に相談したところ万田31号というものを紹介してもらいました。 黒いペースト状で水で薄めて使います。

  2. 小さな子供の感性

    先日、妻と小学生の長男は子供会の用事があるというので幼稚園に通う次男と一緒に出掛けました。 市内を車で移動中の信号待ちで次男が「植木が切れちゃっているよ」と。

  3. 成長した木の再生。

    会社事務所の入り口にある自宅入口際にシラカシが植えてありかなりの太さになって剪定してもやわらかい感じにはならなくなってしまったので数年前根元から伐採しました。

  4. 赤い実

    もうすぐ6月ですね。6月を前に当社在庫のジュンベリーの実が赤く色づきました。

  5. 春の花々

    花の季節全開です。 今年は春暖かくなるのが早かったので全体に開花が早かった。 庭にある花が日々開いていく様子を見ると毎日が楽しいですね。  自宅の花々も日々変化します。

  6. ダルマさん

    事務所で仕事をしていると突然初老の男性がいらっしゃいました。先日伐採した植木場の伐採材を譲って欲しいと。この方、お隣の長泉町の大川さんという方で、定年後に趣味で彫刻をされているそうです。こんなものを作っていると作品を見せていただきました。

  7. ブランチカラー

    先日「かろかろと摘まみ」自然に手を入れた剪定をすることを書いたのですが、自然な樹形に剪定するには、剪定した切り口が目立たないように切ります。また、自然なやわらかい枝を大事にし、育ち過ぎた太い枝を根元から落とす必要があります。

  8. ロドレイヤの花

    あたたかくなり様々な花が咲き始めました。今年は全体に開花が早いですね。昨年秋にロドレイヤを植えた裾野のお客様からも「うちのロドレイヤが咲いた―」と喜びの声をいただきました。写真を撮らせてもらいにお邪魔しました。こういう声が嬉しいですね。

  9. かろかろと摘まむ

    自宅のヤマボウシ。年明けから枝を抜きたいなぁと思いつつもようやく時間が空いたので手入れしました。↑が剪定前で↓が剪定後少しすっきりしました。ヤマボウシなど、雑木類は(雑木でなくても)風に枝がそよぐ姿。枝葉の風邪になびく音がきれいだと思うのです。

  10. 三島桜

    今年は観測史上最も早い桜の開花とかまだ3月なのに桜が咲いてしまっています。桜の種類は数多くありますが、ソメイヨシノが一番多いですね。

2021年5月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. 2015.7.30

    富士山の見える平屋の家~コナラの植栽~

    三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。

おすすめ記事

  1. 三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。
ページ上部へ戻る