樹のあるくらし

  1. ジュンベリーとシルバープリペットの生垣。

    先日仕入れてきたジュンベリーを植栽しました。横に葉張りが広がりにくい“ロビンヒル”という種類です。やはりメインで植栽するロビンヒルとなると、立川まで足を運んだ方が、良いものに出会えます。

  2. 環境について本気で考える。(その2)

    前回の続き。前回は、環境の観点から考えると古い植木は撤去処分し、新しく苗木から作って植えた方がいいんではないですか。という話。今回は、古い木を処分する時に発生する、廃棄物の話。植木屋をやっていると、枝や幹、など、生木のいわゆる、ゴミが発生します。

  3. 環境について本音で考える。(その1)

    以前からぼんやりと思っていたことがだんだんと、形になり始めました。ISO14001組織が環境影響を考えて活動していますよという、 何とも抽象的な国際基準。品質ISO9001のように、いいもん作ってまっせお客さんどうですか?的な要素が無い。

  4. ジュンベリー・ロドレイヤ植栽。

    梅雨明けの頃に打合せをさせていただいた裾野のお客様のお宅。物置を早急に施工したいとのことで、イナバ物置を設置させていただき、その後、2Fベランダにデッキ施工。そして駐車場のコンクリート。真夏に植えては管理が大変ということで植栽は秋までお待ちしていただきました。

  5. 植木の仕入れ

    三島市と裾野市で植栽工事があるので、植木の仕入れに立川まで行ってきました。調布から立川あたりは古くからの植木問屋街古くはケヤキ生産を大量に行いハナミズキが日本に輸入されはじめたころに最初に量産したのもこのあたりでした。

  6. 「木かざる展」

    11月10日から18日まで行われている「木かざる展」に行ってまいりました。木を使ったスプーンなどのカラトリーを作成する「工房Rokumoku」さんの個展です。場所は、裾野市二ツ屋のBlueberry Houseさん246に出る時にたまに通るのですが、知りませんでした。

  7. 久々に移植工事

    お付き合いのある建設会社から建物の増築工事に絡む移植工事の依頼を受けました。一日目は低木の移植。そして今日は中木の移植です。

  8. 植物と向き合う

    秋になり山間部では紅葉が始まっていますね。近くの里山でも歩こうかな。と計画中です。 紅葉が終わると落葉樹が葉を落とします。なぜ葉を落とすのかな?常緑樹はなぜ葉を落とさないのかな?簡単に言うと、樹木は根から養分を吸い上げ、葉から余分なを蒸発します。

  9. サルスベリ

    夏空の元真っ赤に咲くサルスベリ。花持ちが良く、100日間赤い花を咲かせるところから、百日紅(ひゃくじっこう)とも呼ばれます。幹肌も綺麗なので、リビングに近い場所に植えて幹肌を楽しむのも良いかなと、植栽計画で提案することがあります。

  10. 悲しい事。

    街路樹の効用。街路樹は街の景観を整えるだけでなく、夏場歩道に木陰を作り歩行者に日陰を提供します。また、車道を走る車が事故をして(単独を含む)歩道に乗り上げる際街路樹がクッションとなり、歩行者や、隣地の塀を事故から守ることもあります。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. 2015.7.30

    富士山の見える平屋の家~コナラの植栽~

    三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。

おすすめ記事

  1. 三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。
ページ上部へ戻る