竹垣

  1. 築山と竹垣のある庭(伊豆のお寺改修工事)〜南側の中庭〜

    伊豆のお寺の中庭。客間から本堂のある南側にある中庭は、奥行きが狭いため一部土を盛って地形に変化を付けました。敷地内の雨水が流れる側溝があるため、土盛りする部分にパイプを入れて暗渠化しました。

  2. 築山と竹垣のある庭(伊豆のお寺改修工事)〜北側の坪庭〜

    お寺の庭改修工事。客間の北側の修景もさせていただきました。まず、気になったのが室外機。室外機が見えないようにした方が良いと思いました。そして、方向的に富士山が見えるのではないかと思い、既存の生垣よりも背の高いモノは遠慮しました。

  3. 築山と竹垣のある庭(伊豆のお寺の改修工事)〜序説〜

    伊豆にあるお寺の中庭の改修工事をさせていただきました。改修といっても、庭が作られていたわけではありませんでした。ガランとしたスペース。実は客間から見渡せる場所です。

  4. 竹あかりの回廊〜子供灯籠制作ワークショップ〜

    三島駅南口に約1ヶ月設置される「あかりの回廊」準備最終日は市内の小学生に竹灯籠を制作してもらいます。楽寿園の展示室をお借りして、灯籠の長さに竹を切るところから親子で始めました。少々席に余裕があったため、我が家の子供たちもサクラで参加。

  5. 竹あかりの〜現場での組み立てその2〜

    三島駅南口に約一ヶ月設置の竹あかりの回廊準備作業(前回の続き)現場での組み立て2日目です。 2日目はほぼひたすら「竹の回廊」の屋根張りです。駅前一番メインの通りに設置したため、ご通行の皆様は通りづらくなり申し訳ございませんでした。

  6. 竹あかりの回廊〜現場での組み立てその1〜

    三島駅南口に設置した竹あかりの回廊置き場で準備した材料をいよいよ現地で組み立てます。まずはメインの光の雪洞のやぐら組みそして、雪洞のとりつけ ケヤキの枝に滑車を取り付けて引き上げました。

  7. 竹あかりの回廊〜準備〜

    三島駅南口に約1ヶ月設置の竹あかりの回廊準備風景です。三島市造園協会に所属する仲間の会社と合同で制作しました。前回のエントリーに書いたように、三島の山から採ってきた竹で制作します。竹の塔は孟宗竹を主に組んで使います。

  8. 竹のあかり回廊

    今週末に三島駅南口に竹のあかり回廊という竹のオブジェを制作します。19日土曜日に市内の小学生が参加して竹の灯籠を制作し、オブジェに取り付けます。今日は、その試作試験。竹にドリルで穴を開けて顔にしました。

  9. 竹垣~御簾垣の作成~完成

    少し間が空いてしまいましたが、御簾垣(ミスガキ)の作成の完成写真です。 柱を建て込み、組子を設置した日の翌日押縁と呼ばれる縦の竹を取り付けて完成しました。今回は、高さ4尺程度だったので、組子と同じ晒竹を使用しました。

  10. 竹垣~御簾垣の作成~建込み~組子の取付

    御簾垣の作成その1~墨出し御簾垣の作成その2~ホゾ堀までを倉庫で行った後、現場で丸太の建込です。写真はありませんが、60cm程度は埋めるようにして周りをよく突き固めます。御簾垣のホゾ穴に差し込む丸竹を“組子”と呼びます。今回は晒竹の7分を使用しました。

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

  1. 2015.7.30

    富士山の見える平屋の家~コナラの植栽~

    三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。

おすすめ記事

  1. 三島市内で素敵な平屋のお宅の外構工事をさせてもらいました。
ページ上部へ戻る